査定で高値を付けてくれる大阪のブランド買取店まとめ

大阪のブランド買取業者ランキング » ちょっとしたことで評価UP!ブランド高値買取のコツ » カビの予防対策と落とし方

カビの予防対策と落とし方

主に皮革製品などのブランドバッグに大敵と言えるカビにはどんな予防対策法があるのか、またカビができた場合の方法についても解説します。

バッグは季節やその日の気分で変えることも多く、使わない期間もありがちです。そういったとき最も心配なのがカビです。特にブランドバッグなどに多いレザーに生えるカビはとても厄介です。

そこで、まずカビを予防するために方法を紹介します。

カビ予防の注意点

カビを予防するために、以下で紹介する5つの点を心がけましょう。

使用後は汚れやホコリを落として保管

使った後は、意外に目に見えない汚れがついているものです。そこで、中身を出し底板も外して、柔らかい布やクロスで丁寧に拭き取ります。掃除機で中を吸わせると、細かい汚れまで落とせます。

コーティング用のクリームを塗る

汚れを落としたら、革の状態を維持するために専用のクリームを薄く塗ります。布で伸ばすように塗るといいでしょう。

型崩れ防止の詰め物を入れておく

新聞紙などの紙を詰めて型崩れを防止します。新聞紙はインキが虫よけにもなりますが、インキがつかないようタオルなどでくるんで入れるといいでしょう。

立てて保管する

横にしておくと、重なって潰れて型崩れが起こりやすくなります。立てておくと型崩れを防止できます。

通気性が大切

通気性の悪い状態だとカビが生えやすくなります。布のような通気性の良い袋に入れ風通しの良い場所に保管しましょう。中には乾燥材を入れておくのがおすすめです。

カビが生えてしまったときの対処法

もし既にカビが生えてしまったら、次のような対策法があります。

天日干し

しっかり絞った濡れタオルでカビを拭き取り、天日干しでしっかり乾かします。その後専用のクリームで保湿も忘れずに。

消毒用エタノールで拭き取る

しっかり絞った濡れタオルでカビを拭き取り天日干しをした後に、乾いたタオルに消毒用エタノールを含ませ拭き取ります。数回拭き取ってしっかり乾燥させます。

専用の業者に頼む

そもそも皮革製品を扱う場合、やり方によっては逆に傷めてしまうこともあります。そこで、専門業者に依頼するのもいいでしょう。

ブランドバッグのカビ対策

ブランドのバッグの場合、サポートとしてクリーニングを行っているところもあります。

例えばエルメスの場合、正規店で購入したエルメスであれば、アフターメンテナンスを受けられます。状況によって費用も異なりますが、無料のケースもあるようです。

ただし、他のメンテナンス業者やクリーニング店を利用するとサポートは受けられなくなるようです。また、民間業者ですとクリーニングに関する保証もありません。ですから、直営店に持ち込んで相談するのがベストでしょう。

大阪のブランド買取業者高額査定BEST5